低用量ピルの働きについて

低容量ピルは避妊のために使用されるピルの中でも、成分として含まれる卵胞ホルモンの量が50マイクログラム以下のものを差します。
成分としては卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二つが主成分として使用されているのですが、ではどうしてこの低容量ピルを使用すると避妊の効果が期待できるのかというと、これは体内のホルモンバランスが関係しています。
まずそれぞれのホルモンの作用について確認をすると、卵胞ホルモンは排卵を促す作用、黄体ホルモンは身体に対して受精と妊娠の準備をさせる作用があります。
一見すると避妊するというよりは妊娠しやすくするために使用されるようにも見えますが、これらのホルモンが低容量ピルを通じて女性の体内に入ると、ホルモンの量を確認しつつ分泌を促す脳下垂体が「十分な量のホルモンが既に存在している」として判断します。
十分な量のホルモンが体内にあると脳下垂体が判断したのであればそれ以上ホルモンの分泌がされることはありません。
結果として卵巣は休止状態に入りますから排卵は起こらなくなり、排卵が起きなくなれば受精・妊娠の可能性は低くなるのです。
また作用としてはこれだけではなく、子宮内膜に対して働きかけて受精卵が着床しづらくする、子宮頸管の粘膜を変質させて精子が入り込みづらくするというような作用もあり、避妊において非常に大きな効果を期待できるのです。
また、近年ではこの低容量ピルの働きを利用して「妊活」に活用するというような動きも広まってきました。
避妊と妊娠をするための妊活は全く逆のようにも見えますが、これはピルの働きによって卵巣が休止状態に入るということが重要なポイントです。
ピルを服用したからといって女性の機能が失われるということはなく、服用を中断してしまえば身体のサイクルは本来の機能に戻ります。
そして卵巣が復帰した直後に作られ卵胞は通常の状態と比べても状態が優れており、排卵時に妊娠しやすくなるとされているのです。
加えて現代では、女性であっても企業に勤めて働くというような生活が一般的に普及してきました。
そうした中で感じるストレスはこれまでの比では無く、またストレスが増えればそれだけホルモンバランスは崩れやすくなってしまいます。
これによって卵巣がんや卵巣出血、月経前症候群といったような諸症状に対しても予防・改善効果が期待できるとされていますから、低容量ピルは今後さらに普及していくことが予想されているのです。