女性ホルモンのエストロゲンの含有量で決まる低用量ピル

成功率の高い避妊を実行したくてピルの仕様を考える方が増えています。
欧米ではごく一般的な避妊法であるピルですが、日本では現在徐々に使用者が増えている段階です。
ピルは安全性が高く、避妊の成功率も高いメリットの多い避妊方ですが、どのようなメカニズムで避妊をするのかはあまり知られていません。

ピルに含まれているのは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。
このうちエストロゲンの含有量によって、中用量ピル、低用量ピルに分けられます。
エストロゲンの含有量が50μg以下の低用量ピルは日本で最も多く利用されているピルです。
日本では婦人科で処方してもらうことができ、避妊目的の他、月経周期をずらしたいなどの目的で服用されることがあります。

低用量ピルは女性ホルモンのバランスを人工的に調節することで、体を妊娠しているのと似た状態に維持することができます。
そのため受精をせず、妊娠することがないのが特徴で避妊の成功率は98%というほぼパーフェクトな効果を期待することができます。

ピルで避妊することは女性が自分の意思で妊娠をコントロールすることができるということですから、キャリアを大事にしている方なども人生設計に適切に役立てることができるのです。

低用量ピルは避妊だけではなく、女性ホルモンのバランスの乱れにより起こる月経前症候群の際に治療として使われることがあります。
生理前になると頭痛やだるさが起こったり、気持ちが沈んでしまう方はこうした低用量ピルを服用することで症状が改善されることがあります。
また、ピルを服用することで子宮内膜症や子宮がんなどのリスクも軽減することができるなどさまざまなメリットがあるのが特徴です。