食後に服用する低用量ピルは海外医薬品でも効果あり

さまざまな避妊法の中で女性が自分の意志で行えるのが低用量ピルです。
1960年代にアメリカで発売されて以来より確実な避妊法として欧米で広く利用されるようになったこの避妊法は、現在では欧米の女性の30%以上もの方が日々の避妊法として利用しています。
決められたサイクルで食後に服用することで高い避妊効果を得ることができます。
飲む時の注意ポイントとしては一日1錠をできるだけ食後の決められた時間に服用することです。
食後に服用することで胃を守ることができますし、毎日決められた時間にすることで薬効を安定させることができます。

低用量ピルは日本では1999年に認められ、避妊目的や生理前症候群の改善などのために処方されるようになりました。
日本で低用量ピルを入手する方法として一般的なのは婦人科などのクリニックに行き、診察を受けた上で処方してもらうことです。
初めてピルを飲む方などは、ドクターに飲み方や副作用の注意点なども詳しく説明してもらうことができるので安心です。
一方で海外医薬品を個人輸入という形で通販購入するという方法もあります。
低用量ピルは海外でも広く利用されている薬ですし、エストロゲンの含有量が同じの正規品であれば海外医薬品でも安心して服用することができます。
婦人科に定期的に通うのが時間と手間が掛かりストレスに感じる方や、ピルを長年飲んでいて慣れている方などは海外医薬品にて入手されるケースも多くあります。
ただし注意点としては信頼が置ける輸入代行業者から低用量ピルを購入するということです。
粗悪品などを販売している業者がないとも限りませんので、日本でも実績のある販売代行業者とメーカーを選んで利用すれば安心です。